誕生日ケーキをプレゼント

誕生日にお祝いしてもらって気を悪くする人は居ませんよね。

だれでもやはりどのような簡単レシピでもいいから心がこもった手作りの誕生日ケーキで祝ってもらうのは嬉しいものです。

ケーキ屋さんで予約制デコレーションケーキが注文できるものもありますが、あなたしか作れない、あなたの心がこもった、世界に一つの手作りケーキにぜひ挑戦してください。

作り始める前からあまり悩まないで下さいね。心をこめて作っていけば、自然と誕生日ケーキは出来上がります。どんな事でも経験です。。積み重ねていけば応用が利きますし、愛する人の笑顔がみえるなんて素晴らしいことです。

愛する人のために手作りできる事は幸せな事と思いませんか?
あなたから手作りされる物には心が宿ります。誕生日ケーキに限らなくても手作りの贈り物は世界一です!

誕生日ケーキを手作り

誕生日にケーキを用意して祝うという習慣は、日本でもすっかり定着してしまいましたが、逆に誕生日にケーキがないと物足りない気持ちになるのは我が家だけですかね?

誕生日のケーキといえば、イチゴがたっぷりのってスポンジの間にもフルーツをはさんだ、生クリームのデコレーションケーキが一番喜ぶようです。でも、今はいろいろなケーキが売られていますから、様々なケーキで誕生日を祝ってみてもいいかもしれませんね。

誕生日のケーキですから、いつもより奮発して、美味しいケーキ屋さんで特別注文とか様々なショートケーキを買ってもいいかもしれませんね。「イチゴケーキにろうそく」もいいですが、こんなケーキで誕生日を祝うのも、何だか大人っぽくてステキです。

誕生日のケーキは、ケーキの美味しい店で買うのもいいのですが、手作りするのもなかなかいいものです。誕生日のケーキは、手作りだと多少ヘタでも気持ちが伝わりやすいもの。とはいえ、やはり上手く作れるなら、それに越したことはないですよね。

世界で一番のケーキ

誕生日のケーキの一番は、やはり大きなデコレーションケーキでしょうね。こうしたケーキ作りの基本は、丸いスポンジケーキを生クリームやチョコレート、フルーツなどでデコレーションするといったものですが、デコレーション自体はさほど難しいものではなく、色々なものを飾って楽しんでできると思います。

あなたが愛する人に作ってあげるケーキは素敵ですよ。
だってそのケーキって世界に一つしかないケーキですものね。
出来の良し悪しは全然気にしなくていいです。個性溢れるケーキを作りましょう!

誕生日ケーキの一番の難関(問題)はスポンジケーキでしょう。正直に告白しますけれど、私も最初は上手く焼けなくて膨らみすぎ、そして逆にスポンジの中央が陥没したような出来上がりになったことがあります。

スポンジケーキをうまく焼くコツは、卵と粉にしっかり空気を含ませることと、オーブンの温度、そして焼く時間。こうしたことに注意しながら、あなただけの、ステキな誕生日ケーキを作ってみてください。
手始めに簡単に誕生日ケーキを作れるものを少し紹介します。

参考にしてあなたの心がこもったケーキを作ってください。

イチゴケーキ

材 料

  市販のスポンジケーキ 1個
  いちご 適量
【ホイップクリーム】
  生クリーム 200ml
  砂糖 20g
  バニラエッセンス 少々
  キルシュ酒 大さじ1
【シロップ】
  水 50cc
  砂糖 30g
  キルシュ酒 大さじ2


作り方


@なべに水と砂糖を入れ煮溶かしキルシュ酒をいれシロップをつくる。

Aホイップクリームの材料をボールにいれ氷水にあてて角が立つまで泡立てる。

Bスポンジは横2つに切って切り口にシロップをたっぷり塗る。

C下になるほうにホイップクリームを塗りいちごを敷きつめスポ ンジを重ね軽く押さえ密着させる。

D全体にシロップとホイップクリームを塗り残りのクリームを絞り出しいちごを飾る。

チョコケーキ

材 料


  市販のチョコスポンジケーキ 1個
  くるみ 適量
  チョコチップ 適量
【ガナッシュクリーム】
  生クリーム 120cc
  チョコレート 120g
  ブランデー 大さじ2
【シロップ】
  水 50cc
  砂糖 30g
  ブランデー 大さじ2


作り方


@なべに水と砂糖を入れ煮溶かしブランデーをいれシロップをつくる。

A沸騰寸前まであたためた生クリームに細かく刻んだチョコレートを一度に加え溶かす。

BAのあら熱がとれたらブランデーを加え氷水で冷やしながらかき立てるように混ぜる。

CBの半量に刻んだクルミとチョコチップを混ぜる。

D横2つに切ったスポンジにシロップを塗りCのクリームをのせる。

Eスポンジを重ねシロップを塗り全体にガナッシュクリームを塗って仕上げる。

甘栗ケーキ

材 料
(18cmバウンド型1個分)

甘栗 7〜8個
ラム酒 100cc
バター 100g
砂糖 100g
卵 3個
薄力粉 160g
ベーキングパウダー 大さじ2/3


作り方


@甘栗は6〜8割くらいにしてラム酒に1晩漬け込む。

A室温に戻したバターと砂糖をボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜる。

B卵は溶いて少しずつ混ぜる。

C水気をきった@の甘栗を加える。

Dふるった粉類を一度に加えゴムベラ等で混ぜる。

E生地を型に入れ、170℃に温めたオーブンで35〜40分焼く。

F竹串をさして何もついてこなければ出来上がり。

G型からはずして冷まします。

プリンケーキ

材料
底が抜けない直径18cm丸型
プリン生地  
卵 …4個
グラニュー糖 …70g
牛乳 …400cc
バニラエッセンス …数滴
スポンジ生地  
卵 …2個
グラニュー糖 …60g
薄力粉 …70g
溶かし無塩バター …20g
カラメル  
グラニュー糖 …60g
水 …大さじ1
 

作り方

下準備…
  薄力粉は、ふるっておく。
  バターは溶かしておく。
  型に薄くバター(分量外)を塗っておく。
  湯煎用のお湯を沸かしておく。
  オーブンは焼く行程に入るときに設定温度になるように予熱する。

1.カラメルを作る。
  鍋にグラニュー糖と水を加え、火に掛けて、色が変わるまで煮詰める。

2.型にカラメルを流し入れる。
 全体に広がらなくてもよい。

3.プリン液を作る。
  卵とグラニュー糖を混ぜ合わせる。

4.牛乳を50度ほどに温めて、加え混ぜ、バニラエッセンスも数滴入れる。
  牛乳の温度は、指を入れて「少し熱いな」と感じる程度に温める。
  泡は出来るだけ少なくなるように、泡立てないように。

5.漉しながら型に流し入れる。

6.スポンジ生地を作る。
  卵を約30度のお湯で湯煎しながら、ハンドミキサー高速で泡立て
  グラニュー糖を3回に分けて加え、モッタリとするまで、よく泡立てる。
 爪楊枝を1.5cmほど挿してみて、倒れない程度に、シッカリと泡立てる。
シッカリ泡立てた後にミキサーを低速にし約1分、大きな気泡を消す為に泡立てる。

7.薄力粉を加え、ヘラをゆっくりと動かしながら、「の」の字を書くように、
  生地を底からすくって上に被せる動作をボールを廻しながら繰り返す。
 薄力粉が見えなくなってから、ゆっくりと更に15回ほど混ぜる。
  (薄力粉の成分が卵の泡を包み込んで、泡が潰れるのを防ぐ)
 ただし、ヘラを早く動かしてしまうと、卵の泡が潰れてやすく、
  焼いた時に膨らみにくくなる。
 この混ぜ加減が難しい時は、
  膨らみを重視する為に、薄力粉が見えなくなる程度まで手早く混ぜて、次の工程へ…

8.充分に溶かしたバターを加え(7)と同じように「の」の字を書くようにして
  サックリと混ぜる。

9.プリン生地の上から、スポンジ生地を、ソッと流し入れ、
  天板に湯煎用のお湯を張り、型を置き
  170度のオーブンで約40分湯煎して焼く。
 生地は綺麗に均さなくてもよいので、生地をいじり過ぎない。

 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、
充分に冷めてから、型の周りにナイフを入れて生地を剥がし、
  型をお皿の上にひっくり返して外す。

チーズケーキ

材 料
(直径21cmタルト型1個分)

クリームチーズ 200g
卵 1個
牛乳(生クリーム) 100cc
砂糖 70g
レモン汁 大さじ1
薄力粉 30g
バター 少々


作り方


@チーズは冷蔵庫から出しておく。
  (レンジで50秒くらい加熱してもよい)

A@に砂糖を加えて泡だて器でよく混ぜる。

B溶いた卵を加えてよく混ぜる。

C牛乳、レモン汁を加えて混ぜる。

D薄力粉をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

Eバターを塗った耐熱皿に流し入れ200度のオーブンで約30分焼き色がつくまで焼く。

パイナップルケーキ

材 料

(18cmのスポンジ型1個分)

バター(マーガリン) 90g
砂糖 100g
卵 3個
パイナップル缶汁 大さじ1
ラム酒 大さじ1
牛乳 大さじ1
バニラエッセンス 少々
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
パイナップルスライス 5枚


作り方


@室温に戻しておいたバターを泡だて器で白っぽくなるまで混ぜ砂糖を加えてさらにすり混ぜます。

A溶きほぐした卵を少しずつ加えよく混ぜます。

B缶汁、ラム酒、牛乳、バニラエッセンスを加えます

Cよくふるった薄力粉、ベーキングパウダーを加えさっくり混ぜます。

Dパイナップルスライスを敷きつめた型に流し込み180℃に温めたオーブンで25〜30分焼きます。

E焼き上がったら逆さにして型からはずし冷まします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。